愛人契約
私が働くカフェにいつも金の指輪、ブランド物のバック、そして服装。いかにもお金を持っているおじさんが毎朝コーヒを飲みにきます。少しでも仲良くなりたいと思った私は、来店する際は話しかけたりするようにしています。そして、彼がよく通る店に私も寄って見たりとある意味プチストーカぽい行為をしていますが、そのおかげで彼は私の顔を覚えてくれて、会った時には自分から色々と話しかけてくれるようになりました。私が何故彼に話しかけているか、それの理由はお金儲け。彼は株を買ってお金儲けをしていることはすでに知っていました。だから私も彼に株の話を色々聞いてお金儲けが出来たらと思っていました。

しばらくして彼と2人で食事に行くような関係にもなりました。そして、その時に株について色々と教えてもらえるようになりました。しかし、何度か食事行くようになってから彼は私の体を触ってきます。予想はしていたけれど本当にそんな展開になることに少しビビり始めた私。そんな私に彼は目の前でお金を私に見せました。「この後、一緒に楽しまないか。」お金の枚数を見て私は彼の手を握りしめて行くことにしました。

その後、人生初好きでもない人と関係を持ちました。それは意外と嫌ではなかった私。やはりお金の力には勝てないと思いました。そして、お金をもらってからも彼とは週に一度のペースで関係を持っています。どんどんと彼は私にコスプレをして、ノーパンでいて、と要求がエスカレートしてきますがその分お金もたくさん貰えるのでやっています。
デートするだけのお金儲け
パパ活サイト

今日のアクセス:2/昨日のアクセス:1
トータルアクセス:41


メール

無料携帯ホームページレンタル-Thunder
新規作成

友達に教える

管理